必要スペックと費用

サーバーを稼動させる為に必要なスペックについて、Wolfenstein Enemy Territoryのマニュアルから抜粋すると下記のようになっています。

収容人数による推薦CPU

NorthwoodやPrescott等のIntel系CPU使用時の推奨動作クロックを列挙します。TC:Eliteは、最大24人(12対12)を想定して造られているので、低いスペックのPCでもサーバーが建てられると言う事になります。

  • 32人 - 1Ghz
  • 16人 - 500Mhz
  • 8人 - 250Mhz

メモリ

他にアプリケーションが動いていない状態で128MB

回線

回線の安定したCATVやFTTH(光回線)をお薦めします。ADSL回線は帯域に余裕が有っても、不意のラグが発生する事が多々あるようです。

ビデオカード

サーバー専用モード(Dedicated)で起動する場合は、OpenGL(3D表示)に対応したグラフィックカードは搭載する必要ありません。オンボードの物で十分ですが、画像表示にメインメモリを使うので、メモリ搭載量の少ないマシンでは注意が必要です。

費用と弊害

管理人の場合、以下のスペックで24時間稼動して電気代が月々2,000円程度かかります。省電力設計なノートパソコンでやれば1,000円位で出来るようです。

  • CPU:Tualatin Celeron 1.4Ghz
  • RAM:512MB
  • HDD:80GB x 1
  • 電源350W

金銭面の他にも、弊害として静音化したPCでないとファンの音が気になったり、部屋の気温も確実に上昇するので冬は暖かくて良いですが、夏になると他の部屋より一段と暑さを感じられます。