クライアント向けコマンド集

『こんな便利なコマンドあるよ!』という方は是非追科してください。

注意書き

  • コマンド名の後ろに「0,1」と書かれているブーリアン型のコマンドは、コマンド名の後ろにスペースを入れて0か1を入力して、無効と有効を切り替えます。通常は0が無効、1が有効になります。例:developer 1
  • コマンド名の後ろに「数値」と書かれているナンバー型のコマンドは調整したい任意の数値を入力します。
  • コマンド名の後ろに「文字列」と書かれているストリング型のコマンドは任意の文字列を入力します。文字列にスペースを含む場合はダブルロォーテーションで囲みます。例: command "string"
  • その他にも、第2引数を入力するなどの特殊な型のコマンドが存在しますので、注意して設定してください。
  • 全てのコマンドは、コマンド名だけ入力すれば、基本値がコンソールに表示されます。動作不良や基本値がわからなくなった場合は、まずは基本値に戻して様子を見てください。

ご利用は自己責任で。

activeAction 文字列

サーバに接続した時に最初に実行するコマンドを入力する。

例えば、set activeAction "say Hello!" というのをセットしておくと、サーバに自分が接続した瞬間に "Hello!" というチャットメッセージを送信する

bind キー コマンド

いわずと知れたbindコマンド。使い方はQuickChatのバインドを見てください。

cg_draw2D 0,1

要devmap & developer。HUDを表示するかどうか。

cg_drawGun 0,1

要devmap & developer。銃を表示するかどうか。

g_gravity 数値

要devmap & developer。重力の設定。初期値は800。0にすると、ジャンプした後常に浮いている状態になりますが、0以上の数値を設定すれば降りられます。

g_speed 数値

要devmap & developer。プレイヤーの移動速度の設定。初期値は320。

cg_novoicetext 0,1

クイックチャットのチャット欄への表示、非表示を選択できます

cg_novoicechats 0,1

クイックチャット鳴らすかどうか。

cg_thirdperson 0,1

要devmap。三人称視点になります。

cg_teamchatsonly 0,1

グローバルチャットを表示せずチームチャットのみにするかどうかの選択。

cg_teamchatHeight 0-8

チャット欄の高さを設定できます。チャットが目障りなときには、cg_teamchatHeight 0でチャット欄が消せます。cg_teamchatHeight 8(デフォルト)が最大です。

cl_mouseaccel 数値

マウスの加速度を設定できます。数値には小数も使用可。

clear

コンソールのログを全て消去する。

cmdlist

実行可能なコマンドのリストを表示する。

com_maxfps

最大fpsを設定する。初期値は85。

connect IPアドレス[:port]

指定されたIPアドレスに接続する。

disconnect

サーバーから切断し、タイトル画面に戻る。

developer 0,1

要devmap。W:ETの標準を表示し、普段は使えないチートコマンドが使用可能になります。もちろん他所のサーバーでは使用することはできません。

exec ファイル名

指定された"ファイル名"のファイルをW:ETが読める形で実行する。ただし、実行するファイルは下記の場所に置いておかなければならない。検索パスに同名のファイルが有る場合は優先順位の高いパスの物から実行される。

  • Wolfenstein - Enemy Territory\tcetest\
  • Wolfenstein - Enemy Territory\etmain\

tcetest > etmain

g_debugbullets 3

要devmap。弾道が見えるようになります。

g_debugbullets 4

要devmap。ヒットボックスが見えるようになります。

g_debugbullets 5

要devmap。弾道とヒットボックスが見えるようになります。

give all

要devmap。全ての武器が使えるようになり、マガジン数が大量に増えます。なお、グレネード類に関してはこのコマンドを2回以上入力しないと適用されない場合があります。

give ammo

要devmap。武器の弾薬とグレネード類が補給されます。bindに設定し、押し続けながら発砲すればフルオートでリロードなしに打ち続けることが可能。ただし、複数のキー入力を行うと効果が止まることがあります。また、bindして押し続けることはサーバーにコマンドを大量に送ることになるので注意。

in_joystick 0,1

ジョイスティックからの入力を受け付けるか?

in_joyBallScale 数値

ジョイボールの度合い。

joy_threshold 数値

でジョイスティック中心部の遊びを全体の移動量に対するパーセンテージで指定。

kill

自殺。

m_yaw 数値

でマウスの左右の動きの感度だけを設定できます。

m_pitch 数値

でマウスの上下の動きの感度だけを設定できます。

noclip 0,1

要devmap。マップの当たり判定に関係なく移動することができるようになります。

nofatigue 0,1

要devmap。スタミナゲージが0になってもダッシュやジャンプができます。

password 文字列

サーバーに入るためのパスワードをセットする。

quit

直ちにゲームを終了する。

r_gamma 数値

ガンマ補正値を設定する。数値には小数も使用可。

r_wolffog 0,1

マップに設定されている霧効果の有無。要developerコマンド。マップのオーバービューを撮る時などに便利でしょう。

rcon [パスワード] コマンド

現在接続しているサーバーに対して"コマンド"を行う。rcon_passwordが設定されていない場合は、パスワードを毎回入力しなければならない。

rcon_password 文字列

rconコマンドのためのパスワードを設定する。

reconnect

接続しているサーバーに再度接続し直す。

say 文字列

say以降の文章がグローバルチャットで表示されます

say_team 文字列

say以降の文章がチームチャットで表示されます。AとかBとかバインドしておくと便利かもしれません。

sensitivity 数値

マウスの感度。複数使い分けたい方はバインドすると便利かもしれません。

unbind キー 文字列

指定したキーのコマンド割り当て(bind)を解除する。

unbindall

ESC キーと ` キー(106/109/112キーボードでは 半角/全角 キー)以外の全てのキー割り当てを解除する。

vim_restart

プログラムの再起動。

writeconfig ファイル名

現在の設定を指定したファイル名で保存。拡張子は省く。