軽量化チューニング

昨今のPCならまだしも、旧世代のPCを使っている方へ送る快適化cfg講座!

!!!!**すべて軽くなるようにする設定ですので、設定によっては激しく景観を損なう可能性があります。自己責任で行ってください。**!!!!

まずEnemyTerritoryのフォルダ下のtcetestフォルダに空のautoexec.cfgを作成するか、既にあるautoexec.cfgをメモ帳などで開いて、以下のコマンドオプションを追加。

描画関連

seta r_subdivisions "24"

地形の描画のクォリティ。現状では、4~24の間に設定しないとPBに蹴られます。
数値が小さいほどクオリティが良い。

seta cg_brasstime "0"

薬莢の排出の描画を止める

seta s_loadas8bit "1"

詳細不明。ただ、最高のクオリティ以外はこれを1にしているようだ。恐らく、LoDを8bitTextureで描画


seta r_textureMode "GL_LINEAR_MIPMAP_NEAREST"

(NEAREST=Bilinear) (LINEAR=Trilinear) テクスチャのぼかし方。BilinearよりTrilinearの方が遠近感が自然になりますが、負荷が高くなります

seta r_ext_compiled_vertex_array "1"

テクスチャがちらつくなら0に。


seta r_lodBias "2"

-2~2まで。数字が大きいほど軽い。

seta r_detailtextures "0"

詳細なテクスチャを表示するかどうか

seta r_dlightBacks "0"

壁からのライトを有効にするかどうか

seta r_dynamiclight "0"

ダイナミックライトを有効にするかどうか(OFF:0を推奨)


seta r_ext_compressed_textures "1"

圧縮されたテクスチャを使うかどうか(1が軽い)

seta r_ext_gamma_control "0"

テクスチャのガンマ調整

seta r_ext_multitexture "0"

マルチテクスチャの使用

seta r_ext_texture_env_add "0"

環境テクスチャ設定

seta r_ext_texture_filter_anisotropic "0"

異方性テクスチャの設定


seta r_facePlaneCull "1"

見えないポリゴンの描写


seta r_fastsky "1"

空の簡易描写。濁ったような色になります。


seta r_nocull "0"

見えないオブジェクトの表示


seta r_picmip "3"

テクスチャのクオリティ(0:最高 1:高 2:低 3:最低)

seta r_roundImagesDown "1"

テクスチャの質を下げる

seta r_simpleMipMaps "1"

ミップマッピングを使用する


seta r_stencilbits "8"

ステンシルバッファのビット数


seta r_texturebits "16"
seta r_depthbits "16"
seta r_colorbits "16"

テクスチャの色深度


seta r_lodbias "99"

プレイヤとアイテムの描画レベル。数値が小さいほど綺麗


seta r_overbrightbits "0"

テクスチャーの光の反射量(一定以上をカット)


seta r_smp "0"

複数CPUシステムの場合に複数CPUを動かして動作させる


seta r_noportals "0"

ポータルのレンダリングを無効にする


seta r_vertexLight "0"

照明の書き方設定


seta r_ati_fsaa_samples "0" 

フルシーンアンチエイリアシングの使用


seta r_ignoreGLErrors "1"

GLエラー無視


ネットワーク関係

ADSL以上のブロードバンド回線を使用している人用


seta cl_maxpackets "100"
seta cl_packetdup "1"
seta snaps "40"
seta rate "25000"
cl_maxpackets
1秒間あたりにコマンドパケットをサーバーに送る回数。com_maxfpsとあわせると良いとされている。ChokeやRossが酷い場合、MaxPackets値を60090に下げると良い。
cl_packetdup
パケットロスに備えてサーバーとの通信を2回行う。信頼性のあるLANでは0にしてもよいが..。
snaps
1秒間あたりにサーバーからのコマンドパケットを受け取る回数。サーバー側が送信してくる回数の設定値(sv_fps)よりも高く設定しても無視される。sv_fpsはデフォルトで20。20以外に設定しているサーバーは今のところ見当たらない。
rate
1秒間あたりにサーバーとやりとりするデータ量の最大値(byte)。ちなみにRate値を20000にしたのは現在の多くのサーバーが20000を限度にしているため。現在のほとんどのサーバーは25000。

異常な数値やTC:Eliteが認めていない数値に設定すると、PunkBusterに弾かれる可能性があるので注意してください。

参考サイト

  • PlanetWolfenstein (ConsoleGuide)
  • negitaku.org (Quake3のcfg講座)
  • PCゲーム道場 (RTCWのレビューのマルチプレーの項)
  • Oops!RTCW
  • UpsetChaps Guide(海外)