True Combat: Eliteとは

TrueCombat:Elite(以下 TC:Elite)とは、アメリカ人とドイツ人のメンバーで構成される Stuido Groove Six と Team Terminator という開発チームがタクティカルリアリズムFPSをコンセプトの元に制作し公開している、完全無料のFPSゲームだ。

プレイヤーは特殊部隊やテロリストに扮し、実在する銃器を使って与えられたミッションをこなしてゆく。ゲーム性は非常にリアルで、頭を撃たれればまず即死、スタミナが無くなれば移動速度が落ち、高所から落ちれば負傷するなど同ジャンルの中でも格段とリアルリズムに焦点をおいたゲームと言えるだろう。

Groove Sixリアリズムを重視したゲーム性のため、敵も味方も非常に倒れやすく、家庭用ゲーム機や他のFPSに慣れている人は、すぐに死んでつまらないと最初は感じるだろう。だが、TC:Eliteのシステムが理解できてきたころには他のゲームでは味わえない、最高の緊張感と最高の面白さがあなたを待っている。

また、TrueCombat:Elite(以下 TC:Elite)は、Gmaxやレベルエディタと呼ばれるものなどで自らカスタムマップ、カスタム武器、スクリプトを生かしたエレベーターなどを作れるのが魅力だろう。

FPSとは

TEAM TERMINATORFPSとは First Person Shooter の略で、日本語では一人称視点シューティングと訳されることが多い。FPSは言葉通りプレイヤーが操るキャラクターの視点でゲームを行うので、まるで自分がその場にいるような感覚でプレイする事ができる非常に臨場感の高いジャンルである。

日本ではまだなじみの少ないFPSと言うジャンルだが、海外では他のゲームにも負けないほどの人気がある。

完全無料

当たり前の事だが、TC:Eliteを遊ぶ為には、最低限ネットに接続できる環境と遊ぶためのパソコンが必要となる。しかし、それさえ揃えてしまえばTC:Eliteは完全に無料でプレイすることができる。必要なソフトのダウンロードは全て無料で、オンラインRPGのように課金されることもなく、長時間を要するレベルアップと言う概念もない。あなた自身がプレイヤーのレベルとなるのだ。

無料だからと言ってあなどってはいけない。実際にプレイしてみればわかるが、そのグラフィックやサウンドなどのクォリティはとても無料とは思えない程良く作り込まれている。

グラフィックに関しては元々の3Dエンジンが少し古い為、どうしても最新のゲームには劣ってしまうが、逆に言えば他の課金型FPSに比べ高スペックを要求しないので、ここ203年で買った中堅モデルなら普通に動かせるのも魅力の一つだろう。

ゲームルール

テロリストチームが対象物の爆破を試み、特殊部隊チームがそれの阻止を行うObjectiveや、単純にチームに分かれて敵を倒すだけのBodycount、お互いの陣地に置いてあるフラグ(バックパック)を自陣に持ち帰るCaptureTheFlagがある。詳しくはゲームルールのページをご覧頂きたい。

アイアンサイト・システム

Iron Sight同ジャンルのゲームには必ずクロスヘアーと呼ばれる画面中央に表示される照準があるが、TC:Eliteには存在しない。なぜならここでもTC:Eliteのリアリズムへのこだわりがあるからである。想像中のあなたはどうやって敵を狙えばいいのか疑問に思うが、ここで使用するのがアイアンサイトシステムだ。実際に銃器を扱うのと同じように、遠方の敵はしっかり銃を構えて撃たなければ当てることができないし、逆に接近戦の場合はアイアンサイトを使うよりも先に撃った方が得策など、アイアンサイトだけでも戦術性が変わってくる。

ゲーム構造

Wolfenstein: Enemy TerritoryTC:Elite自体は3Dを描写するエンジンを持たないため、無料で公開されている Wolfenstein: Enemy Territory(以下 W:ET) と言うゲームの3Dエンジン部分を使用して動作する。つまり、TC:EliteはW:ETの拡張ゲーム(MOD)と言う位置づけになる。そのため、若干他のゲームよりもインストール手順が複雑なことに注意して欲しい。

ゲームプレイムービー

数メガのダウンロードを行う前にどんな感じのゲームか知りたい人もいるだろう。そんな人のためにゲーム中のムービーを用意したので是非ご覧頂きたい。

Bodycountプレイデモ

TC:Eliteに興味をお持ち頂けたならばこちらのダウンロードガイドを参考にして是非プレイして頂きたい。

動作スペック

このページでは主に、TC:E Ver.0.49bをプレイする上でのハードウェアに関する情報を記載しています。

以下に動作スペックを掲載していますが、TC:Eの動作を保証するものではありません。

Windows

動作スペック

  必須 制作者推薦 快適プレイ
OS Windows 98/Me/2000/XP
(WindowsVistaでも動作可能だが公式にサポートされていないので、いくつか既知の不具合がある)
CPU 800MHz以上 1.6GHz以上 Pentium 4 3.4Ghz以上、またはそれに相当するもの
メモリ 320MB以上 1GB以上 1GB以上
HDD 750MBの空き容量
ビデオカード VRAM 128MB以上 ビデオRAM 128MB以上 GeForce 6800シリーズ以上、または Radeon X800シリーズ以上

解像度

800x600以上 1024x768以上 16:9または16:10対応の解像度
Direct X Microsoft Direct X 8.1が動作する環境
回線 下り56kbps以上のモデム接続

ADSL以上の回線

自分のPCの性能が解らない場合は以下の手順で確認してください。

  1. Windowsのスタートボタンを押す。
  2. ファイル名を指定して実行を選択。
  3. 「dxdiag」と入力する。

この時点で「ファイルが見つかりません」と出た場合は、あなたのPCに動作に必要なDirect Xというソフトが入っていません。 Microsoftのホームページに行きダウンロードしてインストールしましょう。

Mac OS X

動作スペック

  必須 推奨 快適

OS

MacOS X 10.3
機種 G4

G5
(iMacG5 は快適とまでは行きません)

CPU 800MHz以上 1.5GHz以上
メモリ 320MB以上 1GB以上
HDD 750MBの空き容量
ビデオカード

VRAM 128MB

Radeon搭載
解像度 800x600 1024x768以上

16:9または16:10対応の解像度

自分のPCの性能が解らない場合は以下の手順で確認してください。

  1. 左上にあるリンゴマークから「この Mac について」をクリック。
  2. 出てきたウィンドウの下の方にある「詳しい情報」をクリック。
  3. システムプロファイラが起動します。左のメニューバーの「ハードウェア」をクリックすると分かります。

注意: 本体である W:ET が Intel Mac にネイティブな対応をしていませんので、Intel系のCPUだからといって快適とは限りません。TC:E 0.49bパッチではMac向けのコンポーネントが多く追加されています。動作の向上が見込まれるので、なるべくダウンロードしましょう。

暴力表現について

暴力表現などについて

TrueCombat:Eliteには暴力シーンやグロテスクな表現が含まれており、ESRTによって、対象年齢17歳以上、購入には保護者の同意が必要とされるMatureレベルになっています。このレーティングマークは北米支部の最下段に設置されています。

TrueCombat:JapanはTrueCombat:Eliteに関係する記事を扱うため、同様の表現が行われる場合があります。

暴力、反社会的行為について

暴力シーン、銃撃シーン、流血シーン、死体描写が含まれています。

テロリストが時限爆弾を用いて目標物を破壊するシーンが含まれています。

セクシャル表現について

ゲームの舞台内で女性の上半身ヌード画像をピンナップなどとして表示することがあります。

チャットなど可変部分について

ユーザーはプレイ中に半角英数、記号を使ってチャットすることができます。 また、専門的な知識を持つユーザーはゲームの舞台、音声、キャラクターの外観などを作成、変更することができます。

ゲームサーバを管理するユーザーは作成されたデータを接続ユーザーに配布することができます。 これらの内容は個々のユーザーのモラルに任されています。

TC:Eの歴史

このブックページでは、True Combat: Eliteのバージョンアップ履歴をまとめてあります。

2004-10-31 Ver.0.44 (TC:Elite Test)

  • 初代バージョンリリース。
  • 足の速度がQuake3版 TrueCombat並に早かった。
  • サイドアームにMAC10が持てた。
  • マップはRailhouseとNorthportの2つしか無かった。

2004-12-22 Ver.0.45 (TC:Elite Test Update)

  • 新しいゲームタイプReinforced Objectiveが追加された。
  • マップが2つ追加された。(Hideout, Village)
  • ジャンプ力が大幅に制限され、障害物に上るときは体をしっかり付けて一呼吸置いてからでないと登れなくなった。
  • スナイパーライフルを構えた時に揺れるようになった。
  • クラスシステム導入。
  • 新しい武器を追加。(M16, M590C, MAC10SD)

2005-02-10 Ver.0.46 (Final Test)

  • Bodycountが削除されると事前にアナウンスが有ったものの、直前(内部的)に復活した。
  • Violate R.O.E(リスポーンキル防止)搭載。
  • Armament Availability System導入。
  • プレイヤーはウォームアップ中動けなくなった。
  • 新しい武器を追加。(SIG 550, SIG 552, M4 SOPMOD, AK-74M SPETSNAZ, SPR, SR-8, SPAS12)
  • Reinforced Objective廃止。
  • 新しいマップSnowを追加。
  • マップVillageのAラッシュ対策。
  • M67がMK3A2に移行

2005-02-17 Ver.0.47 (Final Test Patch)

  • ハンドガンとショットガンの連射速度の向上
  • 敵の名前が表示される機能の廃止

2005-03-09 Ver.0.48

  • 味方識別アイコンの表示が6.5メートル以内に限定された
  • 幽霊チャットの廃止

TC:E 0.48

http://www.1km.info/
ver0.48の紹介サイト様です

2006-09-29 Ver.0.49

  • テクスチャトーンマッピング実装
  • HDRライティング実装
  • 現実的な物の大きさにスケーリングの変更
  • 高品質な効果音(44Khz)
  • レターボックスとワイドスクリーンモードの搭載
  • マッキントッシュ対応
  • フリークライム機能搭載
  • 銃の挙動変更
  • CTFモードを追加
  • SIG552,SIG550の射撃音を変更
  • 今まで収録されていた、ハイドアウト以外のマップがリニューアル。それに従いマップ名も変更Ex.)dem_xxx -> obj_xxx
  • dem_hideout削除
  • リーン時のアイアンサイトのずれを修正
  • ボイスチャットのGlobalを削除
  • obj_village以外のマップで地名が表示されるようになった。
  • アイアンサイト時、しゃがみ時にも足音が出るようになった。
  • スモークがどのクラスでも2個持てるようになった。
  • グレネードの軌道変更。それにともなうショートスロー(Shortthrow)モードの追加。
  • 攻撃時の「Contact!」と攻撃を受けてるときの「Taking fire!」が無くなった。

2006-12-25 Ver.0.49b

MAP関係

  • obj_Snowのリスポン地点の修正
  • Northportの地名をリバプールへ変更
  • レールハウスでボム設置時、地図上にボムサイトの位置が表示されないバグ修正

武器関係

  • スナイパーライフルのスコープ画面がDynamicEyeに適応された*1
  • ノーサイト時の主観視点での銃の位置を下げた
  • フリーエイムの追加
  • メニューにフリーエイムのオプション追加
  • vector-Aimの導入
  • 武器のアイアンサイト時の視野角が武器毎に変わるようになった。
  • 弾丸の落下を導入*2
  • Reconからフラググレネードが無くなった
  • グレネードの装備変更(Assaultではグレネード一つ、Reconではスタン、スモークがそれぞれ一つ、Sniperだとスモーク一つ)
  • mac10のリコイルを30%増加
  • サブマシンガンのダメージが10%減

システム関係

  • CTFフラッグ消失の修正
  • ボマーがdisconnectしたときにボムを落とすのを修正
  • ガラス越しでのスモークバグ修正
  • サーバーのmapチェンジ時にr_ambientscale(キャラクターに当たる照明)がETエンジンのデフォルト値に変えられるのを修正
  • スペクト時のkickバグ修正(違うプレイヤーが蹴られるもの)
  • 壁へリーンしたときの視界のクリッピング修正
  • 角に撃った弾痕のテクスチャが伸びてしまうのを修正
  • obj_xxx といったマップ名しかゲーム内のサーバーブラウザで表示できないようにした(旧verとの区別)
  • スコアボードでのダメージレート(DR)消失によるstat時のエラーを修正
  • スクリーンの幅にスコアボードを合わせた
  • ラウンド終了後のインターミッションのチャットボックス削除(0.49では存在していたものの動かないようになっていた)
  • スコアボードにkill数、死亡数、自殺数、TK数を追加
  • サーバーのlogファイルに武器名とキルログが残るようになった

ルール関係

  • CTFではROEがリスポン・プロテクション(一定時間無敵)に変更
  • BodyCountでのリスポン時の味方FFでのROEをリスポン・プロテクションで修正
  • CTFのリスポンタイムが30秒に増加

スキン等見た目の変更点

  • Disconnectアイコンの位置修正
  • 死んだキャラクタのチャットアイコン(キーボードのアレ)削除
  • obj_northportでの水溜りテクスチャで不一致だったフォッグを修正
  • グレネードの爆発マークのフォッグ修正
  • スモークグレネードの煙を霧がかかったように調整
  • FOV(視覚野)を90度に修正した16:9, 16:10,4:3の画面比率(cg_aspectModeやメニューで変更可能)
  • 4つの解像度をメニューに追加
  • 解像度によってHUDのそれぞれの表示の位置を変更
  • スペコのスナイパーの見た目を味方と認識しやすいように変更(前のはテロのキャラと間違えやすかった)
  • 重傷時のスペコのskinを変更
  • cg_aspectFOVmodeをメニューへ追加