グレネード

Grenade - グレネード

第二次大戦中の北アフリカで、手榴弾を投げる訓練を行うイギリス軍落下傘部隊兵士人が投げて相手を攻撃するための爆弾を「擲弾」(てきだん)という。特に現代の戦場において歩兵が装備しているものを指して「手榴弾( Hand Grenade )」という。ほとんどの手榴弾では、安全ピンつきハンドルによってバネ掛け式の撃針が信管を打たない構造になっている。ピンを抜くと自然にハンドルが外れて撃針が信管を打ち、4-5秒後に爆発する仕組みになっている。*1 19世紀以前の戦場では陣形を組んで整然と前進する敵小銃歩兵に対して、騎兵や擲弾兵が擲弾を投げ入れて混乱に貶めた。
20世紀に入り、小銃の威力が大きくなり、射程も伸びて、さらには機関銃が発明されると、騎兵が戦場における優位性がほぼ消滅し、強固な塹壕陣地、特に機関銃陣地に対抗するための応急措置として、金属ケースに火薬と導火線を詰めた簡易擲弾(手榴弾)が使用されるようになり、後に正式歩兵装備として手榴弾が配備されるようになった。破片手榴弾は爆発時に飛散する弾体の破片をその攻撃力とする。破片一つ一つの致死性は小さいが、爆発によって四散するために、ある程度広い範囲内にいる標的に重軽傷を負わせることができるので、相手側の攻撃力を削ぐことができる。
衝撃手榴弾は威力範囲で前者に劣るものの、破片による無用の被害を抑えることが出来る。また、現代では標的を一時的に戦闘力を奪う、非殺傷兵器としての手榴弾(「 Stun Grenade 」)が存在する。
大音響と閃光(「 Flashbang Grenade 」)、或は催涙ガスなどによって感覚をマヒさせて戦闘力を奪うもの、ゴム玉を詰めて飛散させるものなどがある。
野戦で使われることは稀で、市街地戦や都市犯罪に対処する際に多く用いられる。また、野戦に於ける防御や信号送信では、煙幕手榴弾(「 Smoke Grenade 」)が使用される。

あまり一般的ではないが、手榴弾には「攻撃用」と「防御用」という区別の仕方が存在する。
前者は、ある程度狭い戦闘空間(防壁や閉鎖空間の内側)へこちらから攻勢をかける場合に、後者は迫り来る脅威を排除する場合に、という住み分けである。
前者には衝撃手榴弾が、後者には破片手榴弾が充てられることが多い。

*1 この手榴弾の構造は、第一次大戦で確立した。

M67 破砕手榴弾

M67

M67 破砕手榴弾は、爆発時に飛散する破片により、半径5m以内では致命傷、さらに半径15mまで殺傷能力を保つ。

*M67はTC:Elite Final Test VersionでMk3A2に変更されました。

M83 Smoke Grenade

M83

SmokeGrenadeと呼ばれる手榴弾。

マウス左ボタンを押すことで、投擲体勢に入ると同時に安全ピンが抜かれ、時限信管が作動する。ボタンを離すと投擲される。爆発後、灰色の煙を発生しいわば「通る事ができる壁」を作ることができる。

対Sniper用、爆弾設置時の時間稼ぎ、等の防御的使い道が多い。

実はゲーム中では、爆発ダメージがあるので自分の足元に投げるとダメージを受ける事もある。また、現実にはありえないが、ゲーム中では、煙はあらゆる壁の存在を無視して、放射状に拡散する。

ピンを抜いてから発煙するまで6.0秒かかる。

ver0.49からグレネードを投げるとまっすぐ遠くに投げられるようになった。グレネードを持った状態でAim / Iron Sights(銃を構え覗き込む動作)をするとShortthrowモードになり、飛距離を抑えられ近くに投げれるようになる。爆発時間に差はないようだ。

攻略

上手く使えば一発逆転のチャンスがある。
ボムの設置の前に焚いたり、出入口に焚いてそこに特攻したり・・・
ただ、有効な攻略法はなく(グレネードだけに)、慣れていくしかない。

Mk3A2 衝撃攻撃手榴弾

Mk3A2あまり一般的ではないが、手榴弾には「攻撃用」と「防御用」という区別の仕方が存在する。前者は、ある程度狭い戦闘空間(防壁や閉鎖空間の内側)へこちらから攻勢をかける場合に、後者は迫り来る脅威を排除する場合に、という住み分けである。

攻撃用手榴弾は主に、炸薬の爆発による衝撃をその攻撃力とする。敵を正確に殺傷しつつも、前進する友軍への損害を最小限に抑えるためである。
(破砕性手榴弾の場合、飛散する破片が思いのほか飛翔して、前進する友軍を傷つけてしまう)

Mk3A2はTNT爆薬を利用した衝撃攻撃手榴弾で、爆風とOVER PRESSURE(衝撃波)による攻撃を行う。
約2メートルの殺傷半径を持ちその衝撃波は通常の破砕手榴弾よりも遙かに強力である。
リアルでは、その衝撃波によって眼球が飛び出す事もあるので至近距離での爆破の恐れがあった場合、目球を手で押さえるなどするらしい。ただし現段階では、衝撃波のプログラミングが不十分なためか木箱越しのダメージは期待できない。

ある一定の距離内で爆発した場合、XM84程では無いが聴覚を奪われる。

ピンを抜いてから破裂するまで4.0秒かかるため2~3秒溜めてから投げるとよい。

ver0.49からグレネードを投げるとまっすぐ遠くに投げられるようになった。グレネードを持った状態でAim / Iron Sights(銃を構え覗き込む動作)をするとShortthrowモードになり、飛距離を抑えられ近くに投げれるようになる。爆発時間に差はないようだ。

XM84

概要

「Stun Grenade」または「Flash Bang」と言われる閃光手榴弾。殺傷能力は無く、光と音で相手の方向感覚を麻痺させる。主に人質をとって立てこもった犯人に使用されることが多い。

ゲーム中の設定

XM84マウス左ボタンを押すことで、投擲体勢に入ると同時に安全ピンが抜かれ、時限信管が作動する。ボタンを離すと投擲される。

遮蔽物が存在しないなら数秒間視力、聴力共に奪う事ができ大きな隙を与える事が可能。投擲された側は、手榴弾の爆発と同時に画面が真っ白、スピーカーからは耳鳴りを模した「ピー」という音のみが聞こえることになる。身動きはできるがそれを確認することはできない。時間(数秒)が経てば、徐々に回復する。

実はM83と同じく、破裂時に少しだがダメージがある。瀕死の味方(特に閉所でキャンプしているスナイパー)には投げないように。良かれと思ってやったことが、TKになることもあるので注意。

使用方法

主に狭い部屋への突入時や、待ち伏せが予想される地点への進入時に使用される。

敵味方を問わず影響があるので、使い所は慎重に。またピンを抜いてから、グレネード類で最も早い、わずか2.0秒で破裂するため、慣れていないと手元で破裂してしまう事も。慣れてきたら1秒ほど溜めて投げよう。

ver0.49からグレネードを投げるとまっすぐ遠くに投げられるようになった。グレネードを持った状態でAim / Iron Sights(銃を構え覗き込む動作)をするとShortthrowモードになり、飛距離を抑えられ近くに投げれるようになる。爆発時間に差はないようだ。