C4

概要

Eで使用される時限式起爆装置の付いたC4正式名称Composition-4、日本語では通称プラスチック爆薬と呼ばれる高性能爆薬の一種。その形状は粘土状となっていて、火をつけてもゆっくり燃えるだけで爆発しないため比較的安全とされている。起爆には雷管が必要である。

名称

一般的に日本では爆発物を全て爆弾と呼んでいるが、これは間違いで、爆弾とは起爆装置などを付けて爆薬を加工している物、爆薬とは熱や衝撃などにより急激な燃焼反応をおこす物質のことを指す。つまり、C4だけでは爆薬の事を指すが、TC:Eに登場するC4は時限式起爆装置が備わっているのでC4爆弾と呼ぶのが妥当だろう。
時限式起爆装置作動中のC4

プラスチック爆薬には、商品名や諸国の軍の制式名称が付与されていて、日本の自衛隊では茶褐薬と呼ばれる。

C4とは米軍が使用しているプラスチック爆薬の制式名称である。テロリストがC4を持っているのは大きな謎(開発陣の勉強不足か?)。代替名称として、チェコ共和国で使われているセムテックス、あるいはロシアで使われているTOLと呼ぶほうがふさわしいだろう。

ゲーム中の設定

時限式起爆装置作動中のC4TC:Eに登場する時限式起爆装置の付いたC4は約45秒で爆発する。被爆範囲は推定0~20m。爆破源に近いほど致命傷を被る。

余談となるが、同時限装置には動作確認用の赤いランプが爆発5秒前に点滅が早くなるので、おおよその爆発タイミングを知ることができる。覚えておいて損は無いだろう。

使用されるゲームタイプ

ゲームタイプがObjectiveの時にTerroristsの一人にランダムで渡される。なお、チームにTechKitを持っているプレイヤーが居る場合はそのプレイヤーに優先される。