M590C

m590c.png

仕様

正式名称 Mossberg 590 Persuader/Cruiser 6-Shot
原産国 アメリカ合衆国
製造会社 Mossberg
装弾数 6発
発射方式 Pump
使用弾丸 12Gauge、OOバックショット
発射速度 -
有効射程距離 -
重量 2.6Kg
全長 730mm

概要

アメリカのモスバーグ社が販売している警察機構向けショットガン。Cruiser(パトカー)の名の通り巡回中の携帯装備を目的として開発された。ピストルグリップを標準装備し、装弾数を6発に抑えることによって、携帯性と取り回しの良さを向上させている。また、加熱したバレルに手を触れて火傷しないように、放熱兼防護用のヒートシールドが内蔵されている。

ゲーム中では、両陣営のReconがAA1から選択可能なShot Gunである。

長所

  • 至近距離で一発あたりの威力が高く、弾が散弾するので動的目標に当てやすい。
  • 構造上から、リロードがこまめにできる。
  • 壁から頭だけ出している相手を倒しやすい
  • なぜかゲーム中では遠くの敵に当たりやすい

短所

  • 距離が開くと大幅に威力が落ちる。
  • 発砲音が大きく特徴的なので発見されやすい。
  • 他種の銃に比べリロードに時間が掛かり、連射が利かない。
  • M3S90、SPAS12に比べて装弾数が少ない。

攻略

初心者向け

ショットガン全般にいえることだが一撃必殺を目標に。多くても3発以内で相手を倒したいところ。

追記:たぶんCTFではそれなりに役に立つと思う。BCやOBJと違いキャンパーが少なく遭遇戦になりやすいので、当てりゃ何とかなるShotgunはやや有利である。また、敢えて狙う必要のない敵もSMG装備だとついつい撃ってしまうが、Shotgunなら思いとどまれるので隠密性が高い(笑。加えてM590Cなら唯一両陣営が装備している銃であるため銃声から敵味方を判断されづらく、機動力が高いのでフラグを積極的に狙っていける。

ver0.49になって集団性があがり、さらに0.49bではリコンの弱体化とどんどん実用性が増している武器。集団性が上がる前は本当に至近距離で無いと一撃で倒せなかったものの、現在は中距離、つまりオフィシャルマップの交戦距離程度なら体の中心を狙えばまず一撃で倒せる。また弾数も6発(8発)あるが、言い換えれば「撃ち尽くす前に6人(8人)倒せる」ということである。他の銃でオートで撃った場合、3人、節約して4人倒せるところをみると、ショットガンは長い間戦い続けることが可能である。また、集団性の向上により横に動かれるとはっきり言って当たらない。中距離なら簡単だが、近距離で動き回られると手も足も出ない。僕もショットガンを相手が使っていることを知ったらダッシュするだろう。つまり、相手がよほどのビギナーでもない限り、2発目は無いものと考えてもらっていいだろう。また、角を曲がるときは曲がった先の待ち伏せポイントを見えた瞬間撃てるようにAIMしておくことが重要。これができればショットガンはかなり強い武器だと感じることができるだろう。無論、少しでも頭に当たれば一発なので壁から頭だけ出している相手に対しては非常に優位に立てる。

平均レート
(12 votes)